インドのワイン、スラ(SULA)を飲んで幸せ!

Sponsored Link

Sulaワイン For sale !!

Sulaワイン For sale !!

前回のムンバイで、初めてインドワインを飲みました。その美味しさにびっくりして、家に持って帰ったおみやげの赤の1本を大事に堪能ました。今回のインドもスラが食事のお目当て!

SULAの赤!絶賛の赤ワイン

今回のインド出張。会社帰りには、即、インドのワインを買いたい!と現地のスタッフにお願いしました。プネーの街では、スーパーの中に酒屋があるわけではなかったけど、連れて行ってもらったら、やった~!SULAのオンパレード!見事な眺めです。 太陽のマークが一番オーソドックス。値段は白が710、赤が820ルピー。 その上のグレードはDindoriというブランドで、白が820、赤が995ルピー。   スラは赤がシラーズという品種で有名。フルボディの渋みと甘みがある、ワインです。この品種はオーストラリアとかが種で、ヨーロッパは作っていないようなので、人気なのかな。 値段も、日本人には決して高くないけれど、そんなに安い、というわけでもない。レートが1.6としても1200円~1600円というところ。

SULAのシャンペン(スパークリングワイン)も賞味したよ❤

ホテルのバーに座っていたら、飲み物の注文を取りに来て、すかさずSULAのワインを注文しました。そしたら、置いていないけれど、カウンターに飾ってあった、素晴らしくきれいな色彩のスパークリングワインがありました。 かなり極上はスパークリングワインのようで、リテイルで1400ルピー。でも、それはそれは美味しくて虜になってしまいました。ペイズリー柄で、飾って置きたくなるようなボトルです。
SULA スパークリング!ペイズリー柄がかわいい

SULA スパークリング!ペイズリー柄がかわいい

大体、レストランで飲むと一本4500~5000ルピー取られます。インド人感覚では高くて手がでないでしょうね。

産地限定、マハラーシュトラ州でしか販売していないワイン

このSula Vinyardはムンバイから3時間半北西に上った、ナーシクという場所にあります。ワインヤードは今や大人気で、ヨーロッパ人がたくさん押し寄せているそうです。 ここには、広大なワイン畑とリゾートホテルがあるそうな。ワインをたくさん試飲して、堪能して、のんびりと泊まりましょう~。
Sula Vineyards story of wines by Rajiv Samant
こんど、プライベートで遊びに来たら、一泊で行くといいよ!そうね。楽しそう! な~んて、なかなかムンバイめがけてプライベートでは遊びに来ませんね~! スラのVinyardについて、こちらの記事を見てね。 ⇓  ⇓
意外?驚きのおいしさ!インドのスラ(SULA)ワインを飲んでみた!
インドではコーヒーの産地はありそうですが、まさかおいしいワインがあるとは知りませんでした。 インドに評判のワインがあるって知ってい...
" target="_blank" rel="noopener">意外?驚きのおいしさ!インドのスラ(SULA)ワインを飲んでみた! https://misiacom.com/nice-to-meet-sula-wine/ でもね、面白いことに、インドにいる駐在員の間では、スラは不純物が入っていて悪酔いするから飲まないほうがいい、なんて言っている人がいるんですって。 まあね、インドの日常の状態を知っている人たちからすれば、現地のものはやたらと手を出さないほうがいいと思うのかもしれないけど。。。。  
4本買ったら1本おまけだって!ラッキー

4本買ったら1本おまけだって!ラッキー

  このワインは、ラベルにもそう書いてあって、ムンバイ、プネーのあるこのマハラーストラ州の恩恵。空港にも売っていない。でも、でも、日本のアマゾンで買えるんですよ!! 私も頼んで飲み比べて見よう。2割増し位の値段ですが、高くはないです。酸化防止剤が入っているのかなぁ。味は違うのかしら??また、日本で買ったらレポートします。   前述のDindori。995ルピーでした。 【インド産・赤ワイン・辛口】 豪奢なベリーな味わいと絹のようなタンニンが絡み合い,エレガントで香り豊か。「インドのコート・ロティ」と呼べる衝撃の味わいです。日本円で2600円

Sponsored Link

ワインの日本への持ち帰り。免税範囲の話、知っていますか?

先程のリカーショップで、スラワインのセールが!4本買ったら1本おまけ!だから、合わせて5本買っていったら!というおすすめに迷わず購入。一本は会社の同僚に定価で分けて、重いかな~と思ったけど、手元に4本。   ところで、日本の免税範囲って知ってますか?酒類3本まで(760ml)無税、となっています。さて、ここにあるのは、SULA(750ml)のワイン4本。どうしましょう。
SULA ラインアップ 普通のと、Dindoriと。早く飲みたい~!

SULA ラインアップ 普通のと、Dindoriと。早く飲みたい~!

  答えは、申告して、迷わず持ち込みましょう。昔はたまに免税範囲を超えて持ち込んだんだけれど、数十年ぶりにちょっとやってみたかったの。税金いくら取られるかなって。 若い、税関のお兄さん、ちょっと計算していたけど、「超えた1Lあたり、200円なので、100円頂きます」だって。ワインの税金、20数年前と変わっていませんでした。 お酒の種類によって、この税金少し、違います。確か、ウィスキーはもっと高かった。でも、今は、昔と違って、国内で、ワインやウィスキーは安いから、そんなに買って持ち込む人はいないかもね! 日本で買えないような珍しいワインは、どんどん持ち込むべし。持ち帰りいは重たいけどね。家族や連れの人がいれば、単純に1人x3本は無税です。でも、オーバーしても怒られることも、没収されることもありませんよ!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする