プネ―へはどう行く? インドのJet Airwaysの国内線に一人で乗った!

Sponsored Link

ジェット・エァウェイズ、インドの国内線!

ジェット・エァウェイズ、インドの国内線!

去年から今年にかけては、私のインドの当たり年!!前回の訪問から2度目のインド。インドはビザを取るのがすこぶる面倒で、一度マルチビザを取ったら1年有効だから、またすぐに行ってしまおうと思ったのでした。

プネーはインドでハイレベルな学園都市でIT都市。

Puneで泊まったサービスアパートメント。セキュリティもいて安心

Puneで泊まったサービスアパートメント。セキュリティもいて安心

前回訪印したのは10月でした。インドへ行くのなら、乾季で冬の季節のうちに行かなくちゃと思いました。だって、絶対に溶けるようなひどい暑さと、膝までつかるような雨を経験したくないから~!

今回はプネ―にある会社を訪問しました。このプネ―という都市、インドの中ではハイソな、教育レベルの高い、クリーンな都市です。高地にあるために、かなり涼しい。

2月の訪問では、朝夕、涼しい。軽井沢の夏~なんて言ったら言い過ぎですが、朝は爽やか、ホテルの朝食も外で食べてたら、ちょっとひんやり。昼間でも汗をかかないほど。

PuneにはTATAの本社があります。

PuneにはTATAの本社があります。

ムンバイからプネーへ。どうやって行きましょうか?

日本からプネ―に行くのにはいくつか方法があります。

①成田ームンバイ、ムンバイから車で移動。

②成田ームンバイ、ムンバイからJet Airwaysで飛行機で移動

③成田ーデリー、国内線でプネ―へ

④その他、ムンバイから入る場合、バンコク経由、クアラルンプール経由がありますが、経由が多いほど、時間はかかります。

①の車で移動、はいちばんオーソドックスですが、夕方ムンバイについて、車で移動するのは、必ずと言っていいほど渋滞にはまりますので、夜中になるまで移動に時間をかけるのは勘弁です💦

なので、今回はムンバイの空港(Holiday Inn Airport Mumbai)で1泊し、翌朝のJet Airwaysの国内線に搭乗することにしました。

Sponsored Link

Jet Airways 搭乗記、プネ―(PUNE)までの道のり

ムンバイの空港、3年前に新しくなりました。超近代的な空港に生まれ変わり、まるでガウディの建築物のようです!

ムンバイの空港

ムンバイの空港

前だったら、ムンバイの空港はちょっと薄暗くて雰囲気が怪しくて、とっても一人で国内線に乗るなんて選択肢はなかったと思います。Jet Airwaysは国際線ターミナルの中に、国内線もあって、安心なほど、きれいな環境でした。

こんな美しいフォルムの空港です。超近代的になったので、安心度、相当にアップしました。

Jet Airwaysは、国際線も国内線もあります。国内線でもTerminal 2という、国際線ターミナルに入っていました。

インドでは、飛行機のディレイはあたりまえ。それでも最近ではJet Airwaysの評判はすこぶるよく、Air Indiaよりもスケジュールが定刻だということで人気なんだそう。

ジェットエァウェイズのチェックインカウンター

ジェットエァウェイズのチェックインカウンター

チェックインも、30分くらい並びましたが、ちゃんと、出発が近づいている、先に搭乗の便の乗客には、係員が一生懸命声掛けして先にチェックインをさせていました。

なかなか良いサービスをしていると思います。

さて、国内線のゲートへ。国際線と入口が違うだけ

さて、国内線のゲートへ。国際線と入口が違うだけ

お迎えがPUNEの空港に来ているとはいえ、女一人のインド国内線搭乗は、あんまり気持ちの休まるものではありません。

でもそんな心配を吹き飛ばすほどの整然さ、美しさ。空港職員は規律があって、なんの心配もなく搭乗がすすみました。

さあ、プネ―行きの飛行機。楽しみに搭乗しよう!

さあ、プネ―行きの飛行機。楽しみに搭乗しよう!

飛行機は超満席で、LCCの飛行機のごとく狭くて、びっちり人が乗ってたのはちょっと辟易だったけど、45分で渋滞なくPUNEにつくのですから、我慢がまん。

Mary

Mary

乾燥した土地の上をすべるように飛んでPUNEの街まで遅れもなく、飛んでいきました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする