コピ・ルアク(Luwak Coffee)、世界最高級のジャコウネコのコーヒー    

Sponsored Link

これがジャコウネコ・コーヒー、コピ・ルアク

これがジャコウネコ・コーヒー、コピ・ルアク

世界一有名な高価なコーヒーがバリ島にある。そんな話を聞きました。でもジャコウネコのフンから作ったコーヒーなんて、ちょっと気持ち悪いわ。でもなんでそんなに人気なの?

バリ島のコピ・ルアク(Luwak Coffee)を飲んでみた!

IMG_3615

ジャコウネコのコーヒーが飲めるお店が、参道にあったのに! そう思う私を、 「大丈夫、ジャコウネコ・コーヒーのカフェをしっているんだ。前にお客さんを連れてきたことがある」。

そのカフェはタナロット寺院からわずか車で5分ほどのところにありました。

AMERTA Luwak Coffee そこは、植物園の中にカフェがつくられており、庭園の中に入っていく途中に、コーヒーの木、それからそこで栽培されている、バニラやフラワーティーの材料となる草木が栽培されています。

ジャコウネコのオリがいくつか展示してあって、実際にジャコウネコのフンが干してありました。

Sponsored Link

バリ島のジャコウネコ・コーヒーの作り方?

ジャコウネコのフンは干されたあと、豆の皮を剝き、それを湯がいた豆をなべて煎ります。黒くなるまでじっくり燻して豆を作ります。すべて手作業なのでとっても手間暇がかかるのです。お値段が高いのも頷けます。

★ジャコウネコ・コピ・ルアクを味わったお店★

Sari MERTA Luwak Cofee
Jl. Raya Tanah Lot, Br.Enjung Pura, Tanah Lot, Bali
Tel: 081236345899

ジャコウネコに食べられたコーヒー豆の果肉は消化されるけれど、豆はそのまま出てきます。ジャコウネコ内の消化酵素の働きや内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるといいます。

ここのカフェでこの、コピ・ルアクは、50,000ルピア(約500円)。バリでは一杯500円なんて高額なコーヒーだけれども、日本では1杯5,000円とかするそう。是非、飲んでみたい~!!。

コピ・ルアクの作り方。ドライバーのボンボンさんがモデルさんで、教えてくれてます。

コピ・ルアクの他に、ここのプランテーションで栽培しているその他のハーブの入ったいろんなお茶や、ほかの種類のコーヒーなど、無料で試飲が10種類もでてきました。すべてお味を確かめて、楽しんでくださいとのこと。それもとっても楽しい。

IMG_3639

そして、最後に運ばれてきたのが、コピ・ルアク。

一見濃そうなコーヒーですが、飲んでみると酸味と苦みが少なく、マイルドないいお味でした。ボンボンさんは、「友達も、みんなコピ・ルアクが一番おいしいコーヒーだと言っているよ!一番だよ」。

敷地内にお土産屋さんがあって、Luwakコーヒーの豆を売っていました。100gくらいの小さなパッケージが400,000ルピア!?200gの普通サイズのコーヒー豆は780,000ルピア(7,800円)でした。びっくり!!!!

「本物はそうだね、そのくらいするよ。スーパーで売っているLuwak Coffeeは味を似せている偽物だよ」

IMG_3618

アラビカのコーヒー豆の木。養殖でなく、自然の中で、ジャコウネコが食べたものでできた豆が最も貴重で高価。

ここのカフェは夕方の木陰もあって、とても爽やかに涼しく、夕刻の優雅なコーヒータイムを思いがけずに楽しんで、勉強しちゃいました。

バリ島に行ったら是非ご賞味あれ!

IMG_3538

ジャコウネコくん、昼間は、おやすみ。よく寝てる。ここの園では檻に入っていたけど、こっちのほうがず~っと気持ちよさそう。

コーヒー好きのあなた、もしかして、フィリピンのバラコ・コーヒーもお好きですか?
こちらも貴重なコーヒーです。

フィリピンのコーヒーは、リベリカ品種のバラコ(Barako)!

Sponsored Link

フィリピンへ行ったら是非お求めくださいね。

よかったらクリックお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする