函館函太郎寿司! 海を見ながら食す、函館のお寿司はここ!

Sponsored Link

函館の食事処選び

温泉宿では夕食をつけるので、最後の函館の夜は地元のお寿司屋さんに行こうと決めた。その中で、人気の回転ずし、函太郎を選んだ。回転すしといっても、100円ではなく、板前さんが握ってくれる。回転のレールもあって、お寿司も流れているから、システムは同じだ。料金は190円から660円まで、ネタによって違う。ただし、さすが函館、冷凍ものはほとんどないといっていいだろう。前々日まで台風の影響で時化だったため、新鮮なイカがないと謝られてしまった。

函館函太郎寿司本店の暖簾。函館市内と湯の川温泉をつなぐ海沿いの道路に面している。

函太郎寿司

函太郎はチェーン店で函館に10店舗くらいあるのだが、函館の繁華街にはない。少し外れたところにある。本店は函館市街地と湯の川温泉のちょうど間くらいにあって、海を見ながらの寿司、というところ。

宇賀浦本店 住所:函館市宇賀浦町14-4 0138-32-4455

お皿から落ちそうな海鮮こぼれ丼。あら汁は魚のぶつ切りがたっぷり入っている。チラシをもっていけばサービスが受けられる。

回転寿司。でも、もちろん冷凍ものはありません。

うれしいのは、空港やホテルにおいてある函太郎のチラシを持参すると粗汁が無料でサービスされる。粗汁といっても具がたっぷり、大きいのだ。鮭のぶつ切りがどーんと入っていてこれだけでも幸せ感満載。あら汁があるということは、魚をさばいているという証拠。

Sponsored Link

一緒に食べているのは海鮮こぼれ巻き、440円。巻物の上にいろんな海鮮がこぼれるように載せてあって、ご飯ものはまったく見えない。

海一望の明るい店内。板前さんがそろって握ってくれてテンションあがる。

この日は夕方早く切り上げる必要があって、夕方5時前に店に到着。メニューを選んでいると、5時台なかばですでに待っている人の列。駐車場も10台くらいしかないから、もしかしたら車では行くのが難しいのかもしれない。

味も申し分ないし、何よりも明朗会計なのが安心だ。函館市内に何件かあるが、私はやはり海の目の前の本店がおすすめ。窓からの津軽海峡、立侍岬を眺めながらのロケーションで職人気質のお寿司を堪能しよう。

店内の座席の感じ。ボックス席とカウンターがある。

都内で、丸の内に支店があるのを発見。どんなたたずまいなんだろう。おそらく高級寿司という感じなのかも。東京駅地下一番街にあるそう。ぜひ行ってみたい!

道路からでも目立つ暖簾の函太郎。ごちそうさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする