仁寺洞(インサドン)でハンコを作ってみました。カフェ&雑貨巡りのショッピング – ソウル 

Sponsored Link

ソウルでショッピングが楽しいのは明洞だけではありません。仁寺洞でいろんなショップを巡ってカフェでお茶をしましょう。

仁寺洞(インサドン)。雑貨ショッピングではおすすめの通りです。

仁寺洞(インサドン)をぶらぶらしてみよう!

resize0343

仁寺洞は雑貨ショップがいっぱい。

お土産屋さんがいっぱい詰まった、サンジキル。韓国の伝統工芸に触れることができます。地下1階から4回まで約70ものお店が入っています。そこだけでなくても、道の両側にはいろんなハンドメイドのお店やお土産ものやさんが並んでいます。

ハングルでかわいいTシャツが作れたり。韓国の和紙と筆を売ってたり。前回ここに来たときは和紙のレターセットを買いました。雑貨店巡りの楽しいお散歩です。

ハンドメイドのハンコやさんを見つけました。

仁寺洞。ITEM SHOPのお店の外観

仁寺洞。ITEM SHOPのお店の外観

オリジナルのハンコを作ってくれるお店を見つけました。名前は「ITEM SHOP」といいます。

一本30000Won(約2900円)より。世界に一つしかないオリジナルのハンコが出来上がります。ハングル文字だけでなく、英語、日本語、中国語OK。絵もいれてくれたり、自分の希望に沿ったものが作れます。漢字は画数が多いため、3000Wほど、サーチャージがかかります。

このブログのハンコ、「世界はあなたのもの!」と作りたかったけれど、字が多すぎて残念。私のペンネーム misiacom(ミーシャコム)で作ってみました。

字体が絵のようで、とってもかわいいでしょ。一緒にスタンプの朱肉も買いました。はじめオレンジを選んだのだけれど、やっぱり伝統的な赤い朱肉がかわいい。

このハンコを作るのに20分間、待ちます。たった20分でオリジナルのハンコが作れるのです。

いいでしょ!いろいろな有名人や世界中から来た人がハンコを作っていった、サンプルがたくさん飾ってありました。ソウルのとってもいい思い出になること間違いなし!!

ハンコができると、そのハンコで作った、栞をプレゼントしてくれました。

仁寺洞でつくった手掘りのハンコ。素敵でしょ

仁寺洞でつくった手掘りのハンコ。素敵でしょ

Sponsored Link

ハンコができるのを待つ間、韓国のカフェでお茶を飲もう

日本でいうところの甘味どころ、というようなちょっと伝統的なカフェがたくさんあります。雨がしとしと降っていて、夕方は早く暮れてしまうので、そんなカフェに入って、美味しいお茶とお菓子のセットをいただくことにしました。

ゆず茶には、ゆずスライスがたくさん。飲んだ後にゆずを食べる。これが美味しい~!!

ゆず茶には、ゆずスライスがたくさん。飲んだ後にゆずを食べる。これが美味しい~!!

私が注文したのは、お米でできた、黄な粉のスィーツと伝統的なお茶の中からゆず茶を選びました。

このゆず茶、細かく切ったゆずが甘く煮てあって、それが、お椀の下にた~くさん沈んでいる。そのゆずの短冊を食べるのもとっても美味しい、

幸せなひと時でした。こんなお茶、日本じゃ飲めない!

仁寺洞のカフェでほっこり。

仁寺洞のカフェでほっこり。

ロッテデパートで、ゆず茶の瓶と1回ずつ包装されたゆず茶を見つけました。瓶が重そうに見えたので、15包みいりのゆず茶を買ってきました。

これから冬に、ほっこりと暖まるお茶として、おすすめです。でも次は是非、瓶詰を買って帰ろう!

明洞ではこんなに楽しいお店を見つけました❤

いつもたくさ~んの若者で賑わっている明洞。お化粧品探しや、そぞろ歩きも楽しいエリアです。こんなお店、とっても韓国っぽい。

寒くても大人気のバラアイス

ソウル・明洞での楽しい食べ歩き! Milkey Bee のバラアイス 

そして、韓国初の可愛いキャラクターといえば、LINE FRIENDSですね。日本でもすでにおなじみのあのキャラクターがいっぱい

世界中で今、人気&話題! 韓国生まれのLINEショップ in 明洞

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする