シンガポールでは海の見えるレストランでチリクラブを食べなくちゃ!

Sponsored Link

ガーデンシティで体がリラックス!

仕事で1年半ぶりにシンガポールへ行きました。

空港ターミナルの中とは思えないほどの南国さ。さすが、グリーンシティ

日本は真冬ですから、チャンギ空港に着いた時には空港ビル内には木や葉が生い茂り、いゃ~南国に来た~と感慨深いものがありました。何よりも体がリラックスして大きく深呼吸している感じです。

来る前に何となく風邪気味かも、なんて思っていたら、南国の空気で吹き飛んでしまいました。

Jumbo Seafood East Coastの海鮮レストラン

シンガポールといえば、有名なチリクラブ。

このチリクラブとペッパークラブを両方一度に食べる機会に恵まれました。

Jumboレストランはクラークキーにありますが、こちらはEast Coastにある、Jumboレストラン。地理的には空港とCityの真ん中くらいにあります。クラークキーはいつも超大賑わいですので、ゆったりと海をみながら、散歩しながら食事を楽しめるこちらの場所は結構、穴場です。タクシーで10分程度で行くことができます。

広い海沿いの公園を歩いていくとJumboの文字が。

JUMBO Seafood East Coast Seafood Centre

Blk 1206 East Coast Parkway #01-07/08, East Coast Seafood Centre, Singapore 449883 地図で確認

TEL 64-42-3435

営業時間

月曜〜土曜:5pm – 11.45pm (ラストオーダー11.15pm)
日曜・祝日: 12pm – 12am (ラストオーダー 11.15pm)
※ご予約時の座席指定不可
※ご予約時の座席指定不可

定休日 無休

無休

シーサイド、海の見える公園にあるレストラン。

爪は大きくて立派~。ソースもカニみそが解けていて本当に美味しい。パンにつけて、いくらでも食べれそう。いただきます~!

海の見える広々とした公園の中にある、Jumboレストラン。

偶然にもこの場所は、私が初めて両親を連れてシンガポールに来た時、たまたま乗務で来ていた、Sabena ベルギー航空(わぁ、懐かしい)の乗務員だった友達と落ち合って、一緒にチリクラブを食べた思い出の場所でした。ん~十年たってもまだ景観はそのまま。シンガポールのシティは目まぐるしいほど変貌を遂げたのに、このあたりの公園はあまり変わっていません!

Sponsored Link

私はその時CX(Cathay Pacific Airways)に勤めていて、次の日にシンガポールのマネージャに両親ととも食事をしたことも思い出した。

マンゴーです。丸ごと。真ん中の芯についている部分が一番甘いの!

あの時、そんなに高いとは思わなかったんだけど、今や、チリクラブ高級品。一人1万円以上はかかってしまう、大盤振る舞い!でも食べなくちゃ。

チリと言っても辛くない。ペッパークラブも美味~!

立派な爪のついたチリクラブ。

クライアントの社長さんが連れてきてくれました。

そして、Jumboカニのマークのついた、かわいいエプロンをつけていただきます。

ぷりぷりの実が詰まっています!

手がべたべたになりますが、フィンガーボールで洗いながらいただきます!

チリとペッパー、どちらのカニが好きかは好みがわかれるところだそう。

ペッパーは、コショウの辛さ。こっちもなかなか。

私はチリクラブ派だなぁ~

夜は定番のマーライオンから見える景色へ

一番初めにシンガポールに来たときは、この小さいマーライオンしかいなかった。世界3大がっかりの一つとか言われて、シンガポールもがんばったんでしょう。家族ができちゃった。

ミニマーライオン。かわいい噴水です。お母さんの裏にあります。

お母さんライオンができて、そのうちにセントーサ島にお父さんマーライオンもできました。

それ以来、たぶん家族は増えていないのよね。それももう20年も前です。

夜のマリーナ米サンズを望む、シンガポールの象徴。口空けて写真とりませんでしたが!

シンガポール、世界中からリッチな移民をどんどんと増やしているようです。相続税もかからないタックスヘイブンです。8億円資産があれば、移住できるって。う~ん。惜しい!? f

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする