マリーナ・ベイ・サンズから見る宝石のような夜景!!

Sponsored Link

海のある都市は夜景が綺麗です。

シンガポールのベイエリアは夜景を楽しみながら散歩しても食事をしても、最高に綺麗。

今回、私が夜景を堪能したとっておきの場所を教えます!

夕暮れから空と海の色が藍色に染まっていく~

夕暮れから空と海の色が藍色に染まっていく~

夕景が宝石に見える、マリーナ・ベイ・サンズに登ろう

マリーナ・ベイ・サンズ、誰もが知っている今やシンガポールを代表する建造物であるホテル。宿泊したら絶対あのプールに入って、プールの縁からシンガポールの朝の空気を吸ってみたい。

でも、高い金額で宿泊しなくても、ホテルの上には、「スカイ・ガーデン」(空中庭園)という名前の展望台があり、シンガポールの街を一望できるデッキが広がっているんですよ~。

眼下に海を見下ろす絶景のバーです。

眼下に海を見下ろす絶景のバーです。

上に登るのは専用のエレベータで。この専用エレベータは、上るだけで23ドル(大人)17ドル(子供)かかります。

しかも、この展望台からは、プールエリアは入れません。隣りのバーにも行けません。

同じフロア、57階のバー、C’est la vie(セラヴィ)という粋な名前のバーがあります。 シンガポールの夕刻を飲み物を片手に鑑賞したい!という方はここ!!

このC’est la vie(セラヴィ)も専用のエレベータがあります。チケットは1階のホールで買ってからあがります。トランシーバーで連絡取り合っていたから、お客さんの数を調整しているのね。

ところで、このC’est la vie(セラヴィ)はワンドリンク付きで28ドルなんですよ!
飲み物はなんでもチョイスできるというわけではないのですが、もちろんアルコールもOKで、私はベルギーグラスの大きなグラスを頂きながら、夜景を堪能することができました。

暑くて夜を待ちきれない。ベルギービールで景色を堪能。おまけにF1の中継も鑑賞中~

暑くて夜を待ちきれない。ベルギービールで景色を堪能。おまけにF1の中継も鑑賞中~

このバーは、飲み物つきで椅子に座りながら、スカイ・ガーデンとほぼ同じビューを楽しむことができます。価格差、6ドル!これで飲み物付き、椅子付きは安い!

眼下にシンガポールの海と行き交う船をみながら、この日、F1シンガポール・グランプリの巨大スクリーン中継を見ながらゆったりと過ごすことができました。

ほら、だんだん宝石のようにライトがつき始める。

ほら、だんだん宝石のようにライトがつき始める。

だんだんと暮れゆくシンガポールの夕べ。街が宝石のように輝きだします。

言葉にできないくらい、綺麗~。

夜景は夕方のこの色がなんともロマンチックです。少しの時間の夕刻を楽しみましょう。

夜景は夕方のこの色がなんともロマンチックです。少しの時間の夕刻を楽しみましょう。

街の中はサーキットが作られていて、F1のスタンドはまばゆい光を放っています。

Sponsored Link

宝石の夜景を堪能したら、ガーデン・バイ・ザ・ベイに光のショーを見に行こう

マリーナ・ベイ・サンズを降りたら、そのまま右へ、ブリッジをわたり、ガーデン・バイ・ザ・ベイのエリアにお散歩に。

この公園、昼間にも来ました。昼間は昼間で、独創的なこのガーデンを堪能しましたよ。

この宇宙のような木が一度見たら忘れられない

この宇宙のような木が一度見たら忘れられない

夜は、この中の、OCBCガーデンで、夜、毎日2回、光と音楽の幻想的なショーが行われます。巨大な木が音楽を奏でてショーが繰り広げられます。

OCBCガーデン・ラプソディの上演は、19時45分と20時45分の2回です。感動的なショーのためクチコミがどんどん広がり、シンガポール国内外から観光客が日増しに多く訪れるようになりました。

昔はセントーサ島でのMusic Fountainがまだ無料で、その当時ものすごく画期的で感動したことを思い出します。今のレーザー技術や音響の効果で、完全にアートの世界です。

上演開始時間 1回目:19時45分 2回目:20時45分

上演時間 約10分

そして、昼も、夜もこのエリア、無料です。

夜はこんな光があなたを待ってますよ。ここで、ショウタイムです。

夜はこんな光があなたを待ってますよ。ここで、ガーデンラプソディ、ショウタイムです。

シンガポールの夜景めぐり、大満足❤

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする