台北での本場の小籠包。鼎泰豊の他にも、こんなに美味しいお店!

Sponsored Link

台湾で「食べる」と言ったら、なにはなくても、まずは小籠包ですよね。 台北についたら、チェックイン前に荷物をホテルにおいて、まず探すのは小籠包。 小籠包といえば、言わずとしれた鼎泰豊が超有名ですが。。。 鼎泰豊で食べなくてもおいしいところは たくさんある!ということ。むしろ、ちょっと違うお店のほうが、お値段が安くて、激混みも避けられる。地元の人は鼎泰豊行きません。 今や鼎泰豊はツアー客がドッと押し寄せて、長蛇の列。美味しいところ、探してみました!

 台湾での美味しいもの!まずは小籠包!

あつあつ!のスープのたっぷり入った小籠包をレンゲにすくって、お醤油たれと刻みショウガをのせて、 食べるあの美味しさ!日本ではあまり体験できません!! これは、台湾ならではの贅沢!!スープの量が、本場は違います。まるで飲めるようにたっぷり入っていて。これを経験してしまうと台湾に引き寄せられちゃう~ 刻み生姜です。ありそうでなさそうな、台湾の食べ方。
高記の小籠包。だいたい、10個入り。スープたっぷり。刻み生姜をたっぷりとのせていただきます。

高記の小籠包。だいたい、10個入り。スープたっぷり。刻み生姜をたっぷりとのせていただきます。

  今回のホテルは地下鉄「大安」にあるPark Hotel Taipeiでした。出口5番の真ん前にホテルの入り口があって、多少 雨が降っても濡れない近さ。ホテルの人たちはめっちゃクチャ親切。なんでも教えてくれる。もちろん 小籠包がおいしいお店も。

台北の「高記」。有名な鼎泰豊のほかにも、すごく美味しい!

まず行ったのは、東門にある「高紀」KaoChi。このお店、見た目にはちょっとしたいいお店。台北には何店舗もある。 でも日本には進出していない。かの有名な鼎泰豊からもわずか20メートルくらいの距離です。 ここの小籠包、皮が薄くて、中にあつあつスープがたっぷり。 かなりイケてます。台北市内には4つお店があります。 東門駅5番出口、忠孝復興1番出口、中山2番出口、市政府1番出口 www.Kao-Chi.com

Sponsored Link

このお店は、中級程度のお店。肩肘はらず、気軽に食べられるけれど、わりときちんとしています。鼎泰豊にもちょっと似ている。でもお値段も少々お安め。 刻み生姜をた~っぷり乗っけて、パクっと食べるときの美味しさったら!
IMG_2944

超多忙な調理場。目に見えて安心。雨でもお客様はどんどんやってくる

同じく東門駅で中世記念堂のすぐ近くにある、「杭州小籠湯包」

  ここは、地元の人や、慣れた駐在員の奥様達が 気軽に来る店。 お値段は鼎泰豊の約半額。すご~くローカルなんだけど、調理場も見えて、なかなか活況。 人々の活気や、本場の小籠包の味をローカルの人たちに混じって味わうには絶好のお店です。この日もあいにくの雨にもかかわらず、お店の外から待っているひとがいっぱい。 隣のテーブルはお休みの日の家族全員で飲茶を食べに来てました。もちろん小籠包。他にもいろんな飲茶を家族みんなでテーブルを囲んでワイワイ。 生姜やお茶も食べ放題、飲み放題。  
地元の人がどんどん飲茶をたべにやってくる。お目当てはやっぱり小籠包。

地元の人がどんどん飲茶をたべにやってくる。お目当てはやっぱり小籠包。

薬味、生姜、小鉢など、自分でどんどん取ってきて、付け合わせて食べる。エネルギッシュな小籠包~!

薬味、生姜、小鉢など、自分でどんどん取ってきて、付け合わせて食べる。エネルギッシュな小籠包~!

そのかわり、お茶や、薬味や小皿なんかも自分で取りに行く、いわゆるセルフサービスです。注文も 自分で、注文票に書きこむ。な~んか、台湾通になった気分。お腹もいっぱい。出発の日のお昼まで食べたぁ~!
忙しい店内の様子がよく分かる。小籠包の作る速さも見ていて楽しい

忙しい店内の様子がよく分かる。小籠包の作る速さも見ていて楽しい

小籠包だけでもかなりエキサイティングな一日となりそう。お腹に優しい、お財布に優しいから、食べ歩きや食べ比べ、是非試してみてください。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 川村麻衣子 より:

    おいしそ〜〜
    小籠包食べたぁい♡