台北で美味しい小籠包はどこで食べる!?老舗の鼎泰豊と高記の食べ比べ。MRT東門へGO!

Sponsored Link

台湾、美味しいものを食べに、帰ってきました!!

スープがたっぷり入った小籠包はレンゲですくって。

午前中に台北につき、ホテルで荷物を預けると、まずは昼食、小籠包が待っています!さあ、どこへ向かったらいいでしょうか?

有名小籠包の名店がたくさん、MRT東門へ

時間がまだ11時過ぎごろだったので、有名どころの鼎泰豊を目指しました。赤いXX線に乗って東門へ。まだ、時間が早いから、昼食にありつけるかも。。。

と駅をでて、鼎泰豊へ。すると。。。。。。

わぁぁ、並んでいる並んでいる。すごい人。横断歩道を渡って、お店に近づき、整理券をもらいます。はい、70分待ちです。

やっと台北について一番に食べたいのが小籠包。

でも、この駅なら大丈夫。鼎泰豊の右の通路、永康街を入ってものの1分。こちらも老舗の高記があります。鼎泰豊があまりにも有名すぎて、まだ高記は5分くらいで入ることができました。3階建ての大型店です。

高記の本店!お正月の提灯と相まって、お目出たい雰囲気です!

高記 老舗のお味は大満足!

お店は広くてきれい。もちろん、お客さんでいっぱい。私たちが通された3階では、たくさんの台湾の人が家族で円卓を囲んでいました。お正月に親戚がみんな集まって、みんなで食事に来ています。円卓の上は豪華~にお皿がならんでいました。

高記の店内。厨房と客室は一体感あり。3階は7-8人くらいの家族連れで大賑わい

私たちは、高記へ来たのは2回目。こちらのお店はとても満足できる風格でお味も確か。でも、2回ともに鼎泰豊に来て、長蛇の列に失望して、近くのお店を探したらここがあった!というめぐりあわせ。申し訳ない。

小籠包にショウガをたっぷりと載せて一口でいただきたいと思います。

でも美味しいのだからいいんだけれど。台湾について、台北に来て、一番最初の小籠包はいつもここ。期待を裏切らない味と雰囲気です。今回はカニみそ入り小籠包も食べてみました。

カニみそ小籠包とエビシュウマイ。歓声が上がる美味しさです。

鼎泰豊の攻略法。それは、朝食に来るに限る!

でも、でも、やっぱり気になる鼎泰豊。この有名店の味を見ないでまた帰国はとても残念。。今回の昼食は、11時半過ぎについて、70分待ち。近くの高記はものの10分。ほんと私たちの食べたい心を救ってくれる高記!

それで、鼎泰豊を待たずに入りたい!の希望を叶えるには!ということで朝食に来ましたよ。

Sponsored Link

朝9時。開店の5分前に東門に到着。決して早すぎないから無理という時間ではありません。ホテルの朝食が付いていない人はぜひトライして。お一人様には週末朝食セットというミニ小籠包とスープが付いた格安セットもあります。

やっといただきました~。本場のお味!ほんとは小籠包、上海が生まれなんだって。どうして台湾が有名になっちゃったのかしら。

ゆったりと大満足の朝食を食べ終わりました。鼎泰豊の記念に、お醤油とお酢のセットを購入。これで家でも小籠包が美味しい。今度は小籠包教室でも通って日本で作りたい!実現したらまたレポートします。

同じ東門に、もう少し庶民的な大人気店があるって!

そんなに一度に小籠包ばかり食べられないけれど、この駅の反対側には地元でも有名な杭州小籠湯包があります。カジュアルでお値段もカジュアル。サービスもカジュアルで豪快だけど味は確か。いつでも多くの地元のお客さんでにぎわっている。このお店、今回はいけなかったんだけれど、こちらのレポートで雰囲気を味わってみてみて!!

台北での本場の小籠包。鼎泰豊の他にも、こんなに美味しいお店!
台湾で「食べる」と言ったら、なにはなくても、まずは小籠包ですよね。 台北についたら、チェックイン前に荷物をホテルにおいて、まず探すのは小籠...

この東門!小籠包好きには美味しく楽しいエリアなのです。

また、この駅に来たら台湾名物タピオカティーも大満足で楽しめます。雑貨屋さんも充実の東門駅近辺の康青龍(カンチンロン)エリア。お腹も目も満たせること、請け合いです! L

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする