アンコールワットの遺跡たち。美しい夕陽を見る大回りプラン

アンコールパスを買ったら、半日観光に出発!

今日の観光の目的はアンコール遺跡の素敵な夕陽を見ること!

もう少しで、太陽が落ちる!その瞬間を遺跡の上から見守ります。

もう少しで、太陽が落ちる!その瞬間を固唾をのんで、遺跡の上から見守ります。

アンコールワットの遺跡たち、美しい夕陽を見る大回りプラン

Privilegeフロアの専用スタッフと話して、DAY1の午後はアンコール大回りプランで最後に夕陽をみることに。

DAY2は早朝アンコールワット、朝食後にベンメリア、バンテアイ・スレイ、タ・プローム

DAY3の午前中にはアンコールワット、アンコールトム、午後SPAというスケジュールにしました。盛りだくさんです。

Sponsored Link

巨大な遺跡、Preah Khan プリヤ・カン

ホテルから、快適な車ではじめに向かったのはプリヤ・カン。30分ほどで12世紀松ジャヤヴァルマン7世時代の遺跡です。

私達のアンコール遺跡群、一番始めに訪れた遺跡となりました。

入り口もきちんと残っています。この遺跡の中、一体どんな風になっているんでしょう。

入り口もきちんと残っています。この遺跡の中、一体どんな風になっているんでしょう。

中に入っていくと、ギリシャ神殿風の列柱殿の2階建ての建物がまだそのまま残っています。これは図書館だそう。当時は宝物は図書館に貯蔵したのだとか。

まるでギリシャ神殿を思わせるような柱の2階建ての建物。綺麗に残っていて、驚きです。

まるでギリシャ神殿を思わせるような柱の2階建ての建物。綺麗に残っていて、驚きです。

遺跡の中を入っていきます。アンコール遺跡は東西南北がきっちり設計されています。廊下はどこまでもまっすぐ。回廊の一番向こうまで、見渡せます。

回廊が、きちんと歪みもなく続いていて、ずっとむこうまで、見通せる。

回廊が、きちんと歪みもなく続いていて、ずっとむこうまで、見通せる。

Sponsored Link

湖を渡る橋を通るNeak Pean ニャック・ポアン

この遺跡に至るまでの道が素敵でした。大きな池(湖)?を渡る一本道を渡って、遺跡のある寺院まで歩きます。夕陽が傾きかけていて、自然の中を歩いていくのも、なかなか素敵なウォーキングでした。

こんな木の橋がずーっと続いている。沼?池?を橋を渡って進んでいくと遺跡に到着します。

こんな木の橋がずーっと続いている。沼?池?を橋を渡って進んでいくと遺跡に到着します。

夕刻。太陽が傾いていくと、水面も美しく輝いて、沼に生えた木々が、またとても幻想的。

夕刻。太陽が傾いていくと、水面も美しく輝いて、沼に生えた木々が、またとても幻想的。

人工池の中心には円錐型の中央祠堂が立っています。

沼の橋ウォーキングで最後にここの塔にたどり着きます。

沼の橋ウォーキングで最後にここの塔にたどり着きます。

10世紀のピラミッド型寺院 East Mebon 東メボン

段々と夕陽が傾いてきました。3つの塔のある寺院に上ると、夕陽が綺麗に見えます。

ピラミッド型の塔。登る階段はかなり急です。遺跡巡りは体力勝負!

ピラミッド型の塔。登る階段はかなり急です。遺跡巡りは体力勝負!

ショカールさんは、ここは、まだまだ、次のプレ・ループで夕陽を待ち伏せしようといいます。

日本語で解説してくれるガイドのショカールさん。一生懸命説明してくれました。一人で来たら通り過ぎるレリーフも意味を持ってくる

日本語で解説してくれるガイドのショカールさん。一生懸命説明してくれました。一人で来たら通り過ぎるレリーフも意味を持ってくる

遠目から見ると3つの塔は圧巻です。こんなに広大で、よく綺麗に残っていることに感心します。

遠目から見ると3つの塔は圧巻です。こんなに広大で、よく綺麗に残っていることに感心します。

Pre Rup (プレ・ループ)で夕陽が沈むのを待ち伏せ

アンコール遺跡での夕陽鑑賞スポットはいくつかあります。

1.      定番中の定番はプノン・バケンというバケン山の山頂に立つ遺跡から眺める夕陽。ただし、混雑するので、数時間前からスタンバイが必要な場所らしい。私達ははじめからパス。

2.      大きな湖の辺りのスラ・スラン。(Sras Srang)。地元の人に人気の場所ということで、私達はここがいいなと思ってました。こちらも通ってもらいましたが、ガイドさんおすすめの場所へ。

3.      ガイドさんがおすすめしてくれたのが、プレ・ループ。ここもピラミッド式の遺跡で、ここの一番上から夕陽と遺跡を一緒に収めるシャッターチャンスを待つことになりました。

こちらは、階段と手すりがつけられていました。手すりでもないと上るのはかなり大変です。

こちらは、階段と手すりがつけられていました。手すりでもないと上るのはかなり大変です。

人は、そこそこいましたが、そこまで混雑しているわけでもなく、一番前の綺麗に太陽が拝める場所にしばしたたずんで、夕陽が落ちるのを待ちました。

遺跡の上で、腰掛けて見下ろす古代の世界。夕陽が沈むまでしばしたたずんで。

遺跡の上で、腰掛けて見下ろす古代の世界。夕陽が沈むまでしばしたたずんで。

一度雲に入った夕陽がまた再び姿を現して、綺麗な赤色になるまで、心ゆくまで楽しむことができました。

もう少し!!真っ赤な夕陽、見れるかしら!

もう少し!!真っ赤な夕陽、見れるかしら!

ホテルに戻り、フロアのレストランで、ドリンクとアペタイザーで一息。今日はカンボジアダンスのショーとディナーを予約していたのでした。

ホテルのガーデンでのショー。ダンスを見ながら、アペリティフ飲んで、前菜、スープまでいただいたところで、もうだめ!前日からの寝不足と今日の歩きすぎで寝落ちるほどにどっと疲れが!ボーイさんにお断りして食事とショーを諦めて部屋に戻ることにしました。ショーとお食事の代金は半分以上返金してくださいました。なんて良心的な!と優しさに感動。

最後は真っ赤にフィナーレを。カンボジアの彼方にしずんでいきます。今日は本当によく動きました。

最後は真っ赤にフィナーレを。カンボジアの彼方にしずんでいきます。今日は本当によく動きました。

明日は4時おきでアンコールのサンライズです。がんばろう!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする