七里ガ浜のフリマと一緒に!鎌倉プリンスでたっぷりの満足朝食を

Sponsored Link

Maryの湘南朝食シリーズです。神奈川、東京に住んでいる人なら、湘南までは1時間でひとっ走り。週末でも道のすいている早朝に海に行って、昼にはもう帰ってくるパターンです。そうすると休日の午後がそのまま使えちゃう!一日がとっても有意義な気分で使えます。

鎌倉の海を見ながら朝食

早起きしてね。

鎌倉七里ガ浜。江ノ電で有名なスラムダンクの聖地!?

いつもは葉山、秋谷の海にいくことが多いのですが、今回は鎌倉の海へ。海沿いの134号線を江の島方面に海を左手に走ります。電車で行く場合には鎌倉から江ノ電で七里ガ浜へ。でも朝早いから、電車の場合はお泊りもいいですね。 東京、埼玉あたりからは小さい子供をつれたファミリーがたくさん来ていました。なるほど、東京、埼玉から、負担なく近く、海もプールもある。子供たちは海で海水浴を、ママはホテルでおいしいものを食べて。パパはゴルフの練習場で遊ぶこともできます。

窓の外は一面の七里ガ浜の海です。リゾート気分満載

海の内側を江ノ電の線路がはしり、七里ガ浜の駅から坂を少し上ったあたり、この辺から海を見下ろすと、道の間の踏切に、緑色の江ノ電が通過する。この景色はあまりにも有名すぎる景色。昔からドラマの風景や、イラストや、写真などで見たことがあるはず。

江ノ電が通る鎌倉の景色。

そして、私世代ではないのですが、この風景はコミック「スラムダンク」の舞台なのだそう。

Sponsored Link

ル・トリアノンー 朝食は海の真正面

朝7:00から、9:30(10:00まで)。ビジターで行くには早起きしてゆったりしたい。お休みの日に6時ごろ起きて、車を飛ばしました。朝は道路もすいていて、横浜から大船を通って下道で鎌倉へ。リゾートのホテルはゆっくりと起きてくる人が多いのか、8時ごろでも混雑することもなく、ゆったりと大きい海を見ながら朝食が食べられます。
鎌倉プリンスホテルの「レストラン・バー」についてご紹介します。
鎌倉プリンスホテルのこだわりの朝食メニューはこんな感じ。
  •  相模湾の水平線を望める最高のロケーション
  •  羽釜で炊き上げたごはん
  •  シェフによるオムレツパフォーマンス
  •  わさびで食べる鎌倉ハム
  • ホテルの味わい朝カレー
  • 釜上げしらす
  • まぐろの漬け
  • 手作り豆腐
品目は数えきれないくらい。和洋のお食事。海のシラス、まぐろ、明太子、海苔などなど。煮物も野菜もデザートも。オムレツは具を小さい器に自分で分量をつめて、シェフに渡します。私はしらす、明太子、ホウレンソウ、トマト。我が家の夫は前日夕方4時過ぎに夕食を食べて朝まで何も食べず、たくさん食べるために備えていました。(笑)

朝食の後のお楽しみは、海のフリーマーケット

七里ケ浜パーキング・フリーマーケット(会場:七里ヶ浜海岸駐車場)

やっぱり海も少しは歩きたい。車をホテルの駐車場に置いたまま、坂を下って海岸へ。プリンスホテルは入り口が坂の上、結婚式場・ホールが坂の下と別れているのですが、中で坂を上る珍しいエレベータでつながっているので、坂を上ったり下りたりするのが楽です!

洋服から、アクセサリーから、小物から。いろんなお店を見ながらつい買ってしまう!

七里ガ浜では、休日に行われるフリマが盛大に開かれていました。ユーズドだけでなく、新品のTシャツやワンピ、アクセサリーなど、見ていると楽しく、価格も安い!私はストライプのワンピを1000円で買ってしまいました。 神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2丁目 [開催日程]毎月第2・第4土曜、日曜、9:0015:00※1〜3月は日曜のみ開催  ※8月はお休み http://www.bayscreen.co.jp/shichiri-frea/ しかし、暑~い。今年の夏は連日35度以上!フリマを見ているだけで汗だくだく。前はハンバーガー店だった海の前におしゃれなベーカリーカフェがあります。

カフェ・ベーカリー パシフィック・ドライブ・イン

国道134号線沿いにあるドライブインカフェ「Pacific DRIVE-IN」(パシフィックドライブイン)。すでにオープンから2年以上たちました。毎日、サーファーやロコ達でにぎわっているスポットです。外のテラスもリゾートっぽくて素敵です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする