コロナの影響をプラスにする旅行術!?マイレージでの予約

Sponsored Link

毎日、毎日コロナ。

相変わらず、毎日コロナウィルスの続報ばかり。

例年にない暖かさのお彼岸の3連休。

世間は相変わらず行動自粛が続いている。

旅行業界、エアライン、ホテル、ツアーなどは海外からの顧客と同様に日本人も動かなくて、大打撃。

私のブログ、「世界はあなたのもの!」も面白いほどに如実に人々が旅行の検索をしないことがよくわかる。悲しいことにアクセス数が普段よりも、まったく激減している。

GWに行こうと思っていた、マレーシアのランカウイ島。今や完全に日本人はマレーシアに入れなくなってしまった。

その代わり。。。に沖縄とか、奄美大島とか、南の島へ行けないかしら、、なんて思っていた。

今は3月、GWまでまだ1か月以上あるんだから、状況は少しは変わっているにちがいない。と、期待をこめて。

沖縄の予約は増加中!

アメリカ大陸や、グアム、ハワイ、セブ島などのリゾートも行けなくなってしまった今、沖縄の予約が熱く盛り返しているんだそうだ。

私も思い立って、今日沖縄のGWの予約を取ろうとして、かなりフライトの予約状況と埋まっていることに驚いた。沖縄はコロナの感染者があまり出ていないらしいのだ。 午前中、パソコンをたたいてうなっていたら、テレビでそまさしくそんな話が流れてきた。やっぱりね~。

青い海と空の下にいたらコロナなんて忘れると思ってしまう。当然だよね。

マイレージの予約も入れ替わり!逆に予約のチャンス到来!?

実は私も恩恵にあずかってしまった一人。まさか、3月に夏のお盆週間の特典航空券が予約できるとは思わなかった。

アメリカの航空会社は今、債務超過も相まって大変な状態。アメリカは完全に外国から来る人をシャットアウトしているし、便も激減している。

だからなのか、東京(羽田)-ロサンゼルスーフェニックス 往復 (アメリカン航空)の特典航空券が8月の7日から8月の15日まで、という夢のような期間に予約できてしまった!!

しかも大人3人分!!

これはJALのサイトからワンワールドの特典航空券で予約した。

ロサンゼルス経由の乗り継ぎ便! しかも乗継便含めて、一人50000マイル! なんてお得な!!ましてや、JALでは、おそらく1人、3万円以上は取られる、税金と燃油サーチャージなどのマイル以外の費用が、一人6000円ほど!!!アメリカの航空会社、これは正直嬉しい!事実、エアラインによって燃油サーチャージはずいぶんとちがう。

セドナの象徴、神秘的な赤い山々

予約可能な状態に狂喜乱舞~♪

同じくJALの特典航空券で予約してあった、成田-メルボルンをキャンセルした。キャンセルは1人3000円支払えば、マイルはそのまま戻ってくる。日本の真夏はオーストラリアの真冬。今年も暑い夏が想定されていたから、避暑もいいもんだと思っていた。

だいぶうれしかったのが、税金と燃油サーチャージが12万円近くも返ってきたことだ。高すぎるよ、日本の航空会社は。

うちの家族旅行はほとんどが毎年お盆の時期か年末に行く。しかも旅行にはちょっと半端な大人3人だ。普通で行けば、高くて自分のお金では行く気にならない時期。そんな時期にいつも特典航空券で行く。

今まで家族でいったロングストレッチの都市は、ゴールドコースト、シドニー、ロサンゼルス、サンディエゴ、パリ、ロンドン、バルセロナ、ビルバオ。

すべて3人分ずつ、特典航空券でお盆か年末だ。

なぜ、そんなに取れるのかって?

Sponsored Link

いろんなコツがあるんだけど、正直、予約にはかなり命かけてる(笑)

今年の夏はフェニックスから、レンタカーでセドナに行く。うちの家族は娘が中学生の時に行ったセドナが大変気に入っていて、ここ数年、行きたい、行きたいと言っていた。

今年はアリゾナ州フェニックスとセドナの建築を巡る旅、そしてラッキーなら、グランドサークルにも繰り出して、アンテローブキャニオンのウェーブの上に乗っかりたい!!

どうか、神様、それまでにアメリカに入国させて!!

と、家族みんなで朝7時半からお墓参りに出かけて今日は徳を積んだ。

得かもしれない(笑)。

デルタの美味しい特典航空券

スカイチームのデルタ航空。

マイレージというとJAL系のワンワールドか、ANA系のスターアライアンス。スカイチームは、あまり貯めていたかったが、デルタ航空のマイルの有効期限がないために、長い間にそこそこたまっていた。

私は、忘れたころにスカイチームで出張が入ったり、意図せず乗ることがたまにある。夫も昔はアメリカに出張していたこともあって、そこそこ口座にたまっていた。娘のカードにも少々。昔、大韓航空でロサンゼルスに行ったときのものだ。

だいたい、デルタ航空はマイレージサービスは改悪もいいとこで、アメリカ路線やハワイ路線などは、マイルで取ろうとしたら、何十万マイルもかかる。今はコロナの影響でニューヨーク30000マイル!!!なんてキャンペーンを打っていたが、だいたいにおいて、アメリカの航空会社のエコノミークラスにそんなに期待感はないので、アメリカに行くのには日系の航空会社しか頭になかった。

ほとんど取れない特典航空券と、使いにくいデルタのウェッブサイト。これで、もう半分あきらめたくなってしまうところだが、日本人にも大変メリットのあるフライトがある。

そのベスト3を教えましょう!

  • デルタ航空で、ガルーダインドネシアの成田―デンパサール往復を予約する(1人、35000マイル)
  • デルタ航空で、チャイナエアラインの、成田―台北往復を予約する(1人、35000マイル)
  • デルタ航空で、大韓航空の羽田―ソウル往復を予約する(1人、15000マイル)

ほとんど予約が取れないデルタ航空のマイレージを狙うなら、上記がおすすめ。スカイチームの航空券をデルタのサイトで予約できるのです。

この3つのなかで、距離からしたら台湾が少々、マイルがかさむけれど、許容範囲でしょう。何十万マイルのアメリカ便と比べたら、貯まっているマイルを有効活用できる。

デルタのマイレージクラブには、ギブマイルとかバイマイルというのがあり、少量のマイルが足りないのを、家族や友達で補ったり、サイトから買ったりできる。200マイルあたり、いくら、とお金がかかるので、いつも推奨できるとは限らないが、そのマイルがあることで、確実に予約がとれるとわかっていれば、これも使える。

コロナの恩恵でしょうか。

今回、このデルタマイルを使って、素晴らしいフライトが予約できました。

東京―台北 (チャイナエアライン)大人3名分。 2021年の2月の連休。

台湾の点心が待っている!

東京―デンパサール(バリ島、ガルーダインドネシア)2020年12月27日から1月1日!!

バリ島で神様に会いに行く

しかも~!アメリカの航空会社は燃油サーチャージと税金がどこでも6000円しか、かからない。

素晴らしすぎる。

提携航空会社の上記3路線がおすすめ。あなたも余っているマイルがあったら是非トライしてみて!

今年の年末も、素晴らしいビーチリゾートで美しい夕日を見れる。

私ってついてる!旅行の神様も、いつも私のそばにいる!!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする