サンタモニカのアクセスが良くなった!ロサンゼルスに来たら必ず寄るべき、ビーチタウン②

Sponsored Link

サンタモニカ・ピアのゲート。

南カリフォルニアビーチの代名詞、サンタモニカ

来て、来て、来て、来て、サンタモニカ~♪♬

私の世代だと誰でも聞き覚えのある曲、そのイメージが濃厚なんです!今回もレンタカーでサンタモニカに向かう道を飛ばしながら、昔のYou-Tubeを聞いてしまいました。

こここそが、カリフォルニアを代表するビーチタウンであり、今はとても人気のある、おしゃれな街です。有名なルート66はサンタモニカを起点にシカゴまで続く道、その道の起点となる場所でもあるのです。

私からすると、ロサンゼルスに泊まるなんてつまらなすぎる。 ビーチタウンである、サンタモニカには2泊くらいはしたいところです。私は家族で10年前くらいにここに初めて訪れてから、3回目の訪問となりました。

それが、ついこの間にも来たような気がしていたら、実は6年半ぶりだった。そんな時間が経っていたことが不思議で、街を歩いている間、ずーっと想いに浸ってしまった。その時はまだ、父が生きていたからです。病院に入院中だった父に年末にサンディエゴから電話したっけ。

しばらく来ていなかったら、サンタモニカに鉄道の駅ができていた!!今は電車でダウンタウンに1本でアクセス可能となりました。

ダウンタウンから直通、新しいサンタモニカの駅

サンタモニカ駅は、意外にも街の真ん中にできていた。

泊まったホテルから、青色の電車を利用して、サンタモニカへ。電車でサンタモニカに行くのは初めてのアプローチ。聞くと2年ほど前にできたんだとか。それにしても駅は街のど真ん中。よくこんな場所があったよね、と感心。駅を降りたら、まっすぐビーチに向かって歩けば、サンタモニカ・ピアに到着!

ロサンゼルスに来たら、ぜひ感じてほしい、カリフォルニアの風 サンタモニカ

道を歩いていると、都会の洗練された、ビルの間をビーチの風がとっても爽やかに吹き抜けていく。これぞカリフォルニアの風、カリフォルニアの雰囲気と、テンションが上がってしまいます。

さあ、サンタモニカ・ピアを渡ってみよう

象徴的なサンタモニカ・ピアのゲートをくぐると海へ伸びる桟橋が続く。この桟橋はかなり観光客で賑やか。カラフルな色で彩られた建物のお土産やが連なり、大道芸人が歌を歌い、左手にはPacific Parkという遊園地があります。

サンタモニカピアにある、Pacific Park

その中にあるカラフルな観覧車には娘が中学生の年末に一緒に青い海を見下ろしながら乗ったことを思い出します~その時は冬だったので、観光客もとても少なかった。観覧車から見下ろす、緑色と青の混ざった海の色が鮮烈だった~なんて思いながら、サンタモニカ・ピアの先端へ、先端へ。途中、ルート66の起点の場所があり、そこでだれもが記念撮影します。

この場所、このポイントがルート66の起点です。

アメリカ初の国道・Route 66(国道66号線)は、1926年にイリノイ州のシカゴからカリフォルニア州のロサンゼルスまで、全長2,450マイル(約3,755キロ)を結ぶために建設された大陸横断国道のことです。 サンタモニカは、Route 66の西端の地として公式に認可されています。

シカゴからの旅の終わりを示すRoute66の標識は、南カリフォルニアの歴史ある桟橋・サンタモニカ ピアでみることができて、記念のプレートや、お土産品がたくさん売られています。

シカゴまでの道のり。古い看板が、またいい味だしてる~

ルート66というだけで、アメリカのオールディーズ、ノスタルジーを感じてしまう。だから、道中、どこへ行っても、その古い街並みを愛おしんで、大勢の人たちが訪れるのです。

サンタモニカのメインストリート、3rd. Street

サンタモニカの海の風に当たったら、メインストリートのサードストリートを目指して、歩きましょう。海外線から徒歩10分ほど、陸側に入っていくと、おしゃれなサード・ストリート・プロムナード(3rd Street Promenade)に到着します。はじからはじまで歩いてほど。真ん中には植え込みやオブジェがあって、ハイセンスなファッションのお店が並んでいる、おしゃれなショッピングロードです。

サンタモニカ、メインの3rd Street Promnate

ここは、サンタモニカの中心地。ファッションのお店が連なっていて、レストランはその次の4th Streetあたりにたくさんあります。

サンタモニカ。サードストリート。歩行者天国でオブジェも美しい

サンタモニカを楽しむ方法、サイクリング!

このあたりの海岸線はサイクリングを楽しむには最適です!

通称ボードウォーク、オーシャン・フロントウォーク(Ocean Front Walk)と呼ばれる自転車専用道路が設置されています。

特に観光客に人気なのは、サンタモニカ ピア~ベニスビーチ間の往復ルート。

片道約4キロ程、片道15~20分程なので気軽にビーチ沿いの景色を楽しめます。近隣にはマンハッタンビーチもあります。海岸線をずっと北上すると、有名なSocal(South California)のビーチが次々と現れます。

サイクリングでなくても、早朝や夕方のウォーキングも、これぞ、カリフォルニア!!を満喫できる楽しみ方ですよ!!

サンタモニカのお土産は、やっぱりRoute 66グッズ

こてこてのアメリカ土産を買いたい場合は、桟橋周辺にSanta Monicaのロゴが入ったTシャツやマグカップ、ポストカードなどを扱うショップがたくさんあります。

この色あいがカリフォルニアのバーガーショップです。

私のおすすめは、やっぱりRoute 66グッズです。ここの場所が何といってもオンリーワン、ですから。マグネットや、T-shirt、キーホルダなど、月並みなものが多いのですが、こんなプレートはどうでしょうか。Socal サーフのモチーフと言えば、フォルクスワーゲン・バスとサーフ・ボード。そこにRoute 66ときたら、もうサンタモニカしかありません!!

少し良いものを買いたい場合は3rd Street Promenadeがおすすめ。海外ブランドのアパレルやアメリカンなスイーツなど、ゆっくり買い物できます。

サンタモニカのストリート・カフェで。

カリフォルニアのビーチ、楽しみましょう!

今回の旅行のバディと記念撮影!!

ロサンゼルスへ行ったら、必ず寄ってみたいビーチはここから。ラグーナビーチ、芸術タウンです!!

ロサンゼルス観光は街だけじゃない!カリフォルニアで行きやすいビーチ①私のおすすめは、ラグナ・ビーチ!
Socalのお勧めビーチ、まずは、ラグナビーチ ロサンゼルスは観光でしょうか?お仕事でしょうか。サウスカリフォルニアはSouth C...

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする