ベネチアの運河で、ヴァポレットに乗ろう!

Sponsored Link

ベニスの運河をヴァポレット(水上バス)で気軽に移動してみましょう!

ベニスの運河をヴァポレット(水上バス)で気軽に移動してみましょう!

ミラノから鉄道で2時間半。ベネツィア・サンタ・ルチア駅に着きました。ミラノのオフィスの秘書のミランダさんがベニスの観光名所をコピーして渡してくれました。 数十年ぶりのベニスです。一人でこの地にもう一度来るなんて!! 沈まないうちに、もう一度来たかった!まだ健在だった!?感激!

サンマルコ広場を目指し、ヴァポレットに乗ろう Piazza San Marco

ここは、ほかのどの都市とも違う、独特の流れと調べをもつ水上都市。絵になる風景というのは、まさにこのことです。まるで宝石箱のような中世のきらめきがあなたを待っています!

中世の記憶をとどめる古き良き水の都ベニス

IMG_1212 列車がサンタ・ルチア駅に到着すると、あとの交通網はすべて水上。乗り合い水上バスはヴァポレットと呼ばれ、カナル・グランデ(大運河)をさかのぼって、サンマルコ広場にも行けるし、周りの島々にも行ける。 そして、ベネチア空港へは、復路、なんと船で行くのです。なんとも面白い体験です。水分とゆったりと時間がかかるのですが、時間に余裕をもって船で空港へ行くのはなんともオツな体験です。 そういえば、長崎空港もそうですね、そうハウステンボスまで船だった! ヴァポレットを使って、ベネチアングラスで有名なムラーノ島にも行ってみましょう!
ムラーノ島にはガラス工房が100箇所!私のオンリーワンを探そう
ベネツィアの本島の周りには、それぞれに特徴を持った島々がたくさんありますが、ベニスといえば、色とりどりのベネチアングラスか、ベニスのカーニバ...
" target="_blank" rel="noopener">ムラーノ島にはガラス工房が100箇所!私のオンリーワンを探そう https://misiacom.com/venezian-glass-factory-murano-island/   今回のベニスのホテルはサンマルコ広場まで歩いて10分のHotel Do Pozziに取りました。 ヴァポレットの停船所から、一人しか通れない細い路地をくぐるように抜けて、石畳のみちをくねくねと曲がり、おまけに小さい橋まで渡って小道を入る。 店と店の小さな隙間に、道が続いていて、その突き当りがホテルになっていました。道は凸凹で、しかも橋も渡る。重たいスーツケースを持っている身には、かなりつらい。雨なんか降っていたらどうするんだろう。びしょ濡れよね。 venice3

カナル・グランデCanal Grandeの芸術

世界遺産のあまりにも有名な場所ですが、ここほどに独特な情緒を醸し出しているところも世界で類をみないでしょう。117の島、177の運河、400の橋がつなぐベネツィア。 駅から、サンマルコ広場まで、ベネツィアの街をゆっくりと蛇行して流れる大運河。カンツォーネを歌いながら流れるゴンドラや、物資を運ぶ船、ヴァポレットが行きかいます。 この4kmほどのカナル・グランデに沿って、12世紀から17世紀までの歴史ある優雅な建物が並んでいる。書ききれないほどの著名な建築物、そして、由緒あるホテルは運河から船でホテルに入る。その風景は美術館を船でくだっているよう。
IMG_1215

サンマルコ広場の時計塔。ブロンズのムーア人が大きな鐘を大きな金槌で打って時をしらせます。

世界で最も美しい大理石の広場、サン・マルコ広場で

IMG_1214

登楼を見上げるこの広場で、腰を下ろして一休み。

ホテルをでて、探索に。石畳の道をどんどん進んでいくと、いきなり開けた大広場に突き当たる。ここは、あらゆる島への船の発着場でもあり、サンマルコ寺院や、ドゥカーレ宮殿、登楼が目を引くサンマルコ広場。 暑い日だったので、日向で入場を待つ列に加わる気にならず、広場の日陰に座り込んで、その光景に見とれていました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする