ヴェネツィアの夜は教会でのヴィバルディのコンサート  イタリア 

Sponsored Link

広場や街を歩いてホテルに戻ったときに、ヴィバルディのコンサートの張り紙が!しかも今晩です。

イタリア、ベニス。向こうに見えるのは、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。

向こうに見えるのは、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。

Vivaldi の  四季 Le quattro stagioni を教会で聴く、この贅沢な夜!

ホテルのお兄さんが 「大丈夫、今からでもチケットをとれるよ」、と教えてくれました。早速サント・ステファノ教会までチケットを買いに行くことに。コンサートはアカデミア橋近くの小さな教会のチャペルで行われるようです。

コンサート会場のチャペル。中に入ると、がらんとした礼拝堂でオーケストラの人たちが音合わせをしていました。期待を胸に、先に食事をしようと運河沿いでレストランを探しました。

夕立後の雨上がりのベニス。運河に面した、レストラン。雨上がりでテラス席にはまだ誰もいない。「ここ、座ってもいい?」。無理やり席を作ってもらって座ってしまった♡

イタリア、水の都、ベニス。運河にてピッツアをいただきます。

イタリア、水の都、ベニス。運河にてピッツアをいただきます。

メニューを見ると、Pizzaの名前がLe quattro stagioniそれは4種類のチーズがのった四季という名前のピザでした。わぁ~またシンクロニシティ。こんな出会いがあると旅の楽しみは何倍にもなってしまいます。そのピザと、おすすめのベニスのスパークリングワインを選んでもらい、ほろ酔い気分でヴィバルディのコンサートを待つ。

イタリア、ベニス。四季という名のPizza。ベニスはスパークリングワインが美味しいと聞いたけど、このロゼのスパークリングワインが絶品でした。

四季という名のPizza。ベニスはスパークリングワインが美味しいと聞いたけど、このロゼのスパークリングワインが絶品でした。

運河の向こうに見えるのはサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。白い大理石の教会が水面に引き立つ、もっともベニスらしい教会です。

下の水面下でゴンドラ引きのおじさんがカップルを乗せて、ぐるっと旋回して流れていく。運河沿いには色とりどりのお花が飾られていて、一人の贅沢な空間を楽しみました。

Sponsored Link

ベニスのゴンドラ。一番絵になる風景。こんな風な恋愛してたら最高ですね。

ベニスのゴンドラ。一番絵になる風景。こんな風な恋愛してたら最高ですね。

ヴィバルディの旋律に酔いしれて🎶

実は私はヴィバルディの四季Le quattro stagioniが大好きなんです。家でもよく聞いている定番中の定番。春、夏、秋、冬。あまりにも有名でたくさんのCMでもお馴染みですね。聞いていると旋律の流れに胸の奥がまるでジェットコースターに乗ったときのように反応する場所が多々あって。

そう、ベネツィアはヴィバルディの生誕の地だったんです。なんていう巡り合わせ、なんていうシンクロ!!ミラノ博でも噴水ショーで「四季」が流れて、いたく感激したけれど、また聞けるなんて。さすがイタリア!みんな好きなんだ。あいにくコンサートの演目の四季は次の日で、私が帰る日だったのですが。。。

さあ、本場ベニスで生誕のビヴァルディの旋律を楽しむ、夕べのコンサート、なんて贅沢!!

さあ、本場ベニスで生誕のビヴァルディの旋律を楽しむ、夕べのコンサート、なんて贅沢!!

ベニスでのビヴァルディのコンサートのチラシ。

ベニスでのビヴァルディのコンサートのチラシ。ホテルで見つけた!

教会に入ると、どこでも好きなところへどうぞ、と言われ、私は一番最前列に座りました。楽団の旋律を奏でる息の音が聞こえそうな近さ。恰幅のよい奏者のおなかのお肉がつかめるほどの近さです。その音が、教会の円形ドームの天井に反射して、夢のような音楽が天井から降り注ぐ。旋律と雰囲気に酔った、最高のヴェネツィアの過ごし方♡

Sponsored Link

イタリアから取れたてのオリーブオイルが届きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする