エカテリーナ宮殿の内部を現地のガイドツアーでじっくりと鑑賞! 

Sponsored Link

ベルサイユ宮殿に匹敵するような、美しいゴールドとクリスタルの大広間。天井には大きな絵「ロシアの勝利」が描かれていて、細部にわたるまできれいに再現されています。

ツァールスコエ・セロー・世界遺産 エカテリーナ宮殿でパーティを開きませんか✨✨

エカテリーナ宮殿鏡の間でパーティしませんか

エルトンジョンが歌ったピアノがまだあった。

この部屋に、公開されていないダイニングを含む3部屋とパーキングを入れて、なんと今でも個人で借りることができるのです😱

お値段は1時間USD 5,000 最低4時間から。😆最近ではイギリスの会社がチャリティパーティを開いてエルトンジョンが歌ったようです。

エカテリーナ宮殿鏡の間

エカテリーナ宮殿鏡の間。美しいホール、立ち止まれないほどたくさんの観光客が訪れる

リッチなあなた様♡ ロシアの経済復興に一役買いませんか(^^)

喜んでコーディネーションいたしますよ(笑)*\(^o^)/*

2013年に公開された琥珀の間は必見です。

琥珀の色に影響を与えるので、写真撮影禁止なんです。だからサイトから拝借しました。本物の部屋にあった琥珀の装飾品は1942年にナチスドイツに持ち去られ、いまだどこにあるのかわかっていません。

琥珀っていろんな色があるんです。知っていましたか?

一番オーソドックスはおうど色、黄色、茶色、それから同系色ですが、クリーム色、白、そして緑まで。この色とりどりの琥珀のピースを全部モザイクで装飾をしているのが琥珀の間。
サンクトペテルブルグの職人さんが腕を振るって復元したものを2013年についに世界公開したわけです。

ロシアの産物である琥珀、これが最近、大変値段があがってしまっているそう。漢方使用に中国人が大量に買い付けたいきさつがあるようです。

Sponsored Link

宮殿の内部。次々と続く趣向を凝らした部屋の数々。

大広間からメインの回廊を通って続く部屋はそれぞれが趣向を凝らした、ダイニングルーム、お勉強の部屋、メイドさんの待合室、良き友達だったウェッジウッドさんのポセリンに飾られたお部屋。きれいなお部屋が次々を現れますが、通る回廊を覗くと金のアーチが。

エカテリーナが歩いた散歩道

裏から宮殿に入って、表側に出ました。前面にはお庭が広がり、後ろのロシアンブルーと緑のコントラストが美しい。Sabinaによると、9月、木々が真っ赤に色づき、これに赤の色が加わって、一年で一番美しい季節がやってくるのだそう。もちろん雪の季節もライトアップされて美しさは格別。

でも、冬のサンクトペテルブルグ、昼はほとんど3~4時間。暗くて寒い冬なんですよね。ガイドの仕事も夏は毎日休みがないけど、冬はまったくないのよ~とのこと。ロシアに冬に行くツアーなんてちょっと聞いたことがないですよね。

ロシアのガイドさん

Sabina  & Maria

外へ出ると、お庭の横にエカテリーナの散歩道が。彼女が毎日通ったお気に入りの散歩道。いつもは人であふれかえっているのだけれど、「あら、だれもいないわ。Mariaさん、早く立って!!!」

数キロ続くエカテリーナ女王も歩いた散歩道。まっすぐ。

数キロ続くエカテリーナ女王も歩いた散歩道。まっすぐ。

私、ロシアではMariaさんという名前を命名されてしまいました。ロシアン・ネームでマリアさん。世界中どこへいてもMaryという名前は簡単に、親しみを込めて呼んでもらえる。

ガイドだけでなく、いろんなことを教えてもらいました。

ロシア人の心情とか、もっとどんなところを観てほしいのか、昔はどうだったのか、等々。こういうお話を聞けるのがプライベートガイドの良いところ。今度は旅行会社を通さずに直接ご指名しますね。だから、とっておきの場所に案内してほしい。

ロシア人はみんな大好き文学者プーシキンの像

ロシア人はみんな大好き文学者プーシキンの像

行程を早めに終わらせて、余った時間であるものを探しにつれて行ってくれることになりました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする