ブロックチェーンと暗号通貨がつくる未来の世界にわくわく☆

Sponsored Link

世界の金融事情は変化しています!

世界の金融事情は変化しています!

Maryです。今日は金融のお話です。 最近ではビットコインとか、仮想通貨とかいう言葉を毎日のように聞くようになりました。 日本でもだんだんと認知されて、感心が高まってきました。 銀行に管理されない、世界共通の通貨です!

なんだろう、Bitcoin って?

でも、なんか、うさん臭いって、はじめは思いました。 価格の変動はものすごく激しいし、怪しい名前のコインがたくさんあるし、世の中にはいろんな投資案件があふれている。マウントゴックス事件のような不正、ハッキングや分裂、と最近の話題には事欠かない、よくわからないと危ないもの、ちょっと近寄ってはいけないような感じがします。実際に値段の高騰から人々を煽った詐欺も多いらしい。 でも世界の動向は、確実に、ブロックチェーンが作り出す第4次産業革命といわれている世界に動いているのです。 ビットコインという言葉に出会い、興味を持ってから、私の中ではマイブームになりました。

ブロックチェーンや暗号通貨で何ができるようになるの?

今、新聞を賑わしているBitcoin。ビットコインではどんなことができるのでしょうか。
世界共通の決裁システムが使われ、個人の意思で中央銀行に管理されずに送金できる。
だから、世界中の、銀行口座を持てない人でも世界の消費レベルにあった、少額の取引でも、ほとんど送金手数料なしに、しかも瞬時に送金することができる。私の大好きなバリ島ではビットコインセンターがあって、ビジネスでも使われています。
難民や災害の被害者たちにも、QRコードさえあれば、世界中から救済のお金を直接送れる。
他のイーサリアムなどの暗号通貨を使えば、株や、債権などの取引から、販売・取引、保険、役所の各種届出にいたるまで、あらゆる契約の記録がすべてブロックチェーンの中に刻みこまれます。そうなると、仲介業や、手数料ビジネスが担ってきた役割がどんどん減って、紙の代わりに絶対に改ざんできない記録が蓄積され、永遠に引き継がれて行きます。
選挙だって、各有権者が暗号通貨で投票すれば、投票所の事務や開票をする仕事は、すべて要らなくなりますね。しかも、間違いがない。
  先日はトヨタがブロックチェーンを利用するAIの技術で自動運転自動車の開発をMIT Media Laboと始めるというニュースを聞きました。 日本の企業や金融機関も乗り遅れまいと必死です。 「安全かつ信頼性の高い自動運転車を実現するためには、延べ何千億キロもの人間による運転データが必要。ブロックチェーン・テクノロジーを用いた分散台帳(distributed ledger)システムは個人オーナー、企業の運行管理者、自動車メーカー間での安全な情報共有による自動運転を可能にできる」と、書いてありました。 そして、1台の車の運転データの同時共有が可能になれば、「インステック」(保険業界のフィンテック)と言われる技術で「走行距離ベースの自動車保険」が実現するかもしれません。 そして、お酒を飲んでいても、あなたの車が、顔認証で、自動運転で家まで送迎してくれる、そんな現実が近い将来にやってくるでしょう。

正しい知識を得るために、私は暗号通貨の検定試験を受けました。

明るい未来の話と共に、投機的側面から、暗いイメージがついてくる暗号通貨。事実、いろんな新しい通貨が世界中で生まれ、登録されて(ICO)、淘汰されて、消えていきます。
日本クリプトコイン協会の検定のシンボルマークです。あなたも勉強してみませんか?

日本クリプトコイン協会の暗号通貨検定のシンボルマークです。あなたも勉強してみませんか?

  しっかりした知識があれば、いろんな情報の中から、本物のチャンスを得ることができる。   受験案内はこちらから。
ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンに興味があるかたにオススメの「暗号通貨技能検定」全国で開催中です。講座後の検定に合格すると、「暗号通貨アドバイザー」の資格が認定されます。
日本クリプトコイン協会ホームページ:
当協会はビットコインを始めとした暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)の正しい理解を広めるために、暗号通貨の技能検定を行っています。IoT(モノのインターネット化)、AI(人工知能)などの最先端の技術だけでなく、仮想通貨法案などの法律情報も発信しています。
  試験に受かった暁には、日本暗号通貨協会やその他の勉強会から、日々、新しい知識を習得することができて、ますますの興味や将来の展望が高まりました。  

インターネットが普及する前と同じ期待感やわくわく感 !

実は私は、インターネットがまだ世の中に認知されていなかった時代に電子メールを使っていました。 なので、そんな時代の幕開けの高揚を感じるのです。今は1995年のお正月です(笑) 技術的には誰がデファクトスタンダードを取るか。 それが、暗号通貨だったり、ブロックチェーンのプロトコルだったりするわけで、インターネット関連の技術者だった夫はMIT(マサチューセッツ工科大学)のBitcoin clubに登録し(登録だけです(笑)、私は暗号通貨協会やその他の勉強会から情報を受け取って、互いに情報の発掘を競って楽しんでいます。   上級資格を取得したら、もっとちゃんと、暗号通貨を伝えることもできるかもしれません。 日々新しい情報に目が離せません~♬。     ビットコインも今年始めには1BTCが10万円でした。今年、2017年8月には50万円近くにまでなりました。2020年のオリンピック、暗号通貨はどのような発展を遂げているでしょうか?? 暗号通貨の価格の上昇にとらわれず、それを受け取る仕組み、増やす仕組みを学んでみませんか?  

Sponsored Link

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする