ストラスブールは、おいしい、アルザスのグルメの宝庫!!!

Sponsored Link

アルザスで何を見て、なにを食べよう? ストラスブールは小さい街なので1日あれば、ぜんぶ廻れます。ここは、木組みの家々が美しい街。 まずは街の中心に位置するノートルダム大聖堂を見て、展望台へ登りその後、ラ・プティット・フランスを少し歩いて昔ながらの木組みの家(コロンバージュ)を見ます。 圧巻!!ストラスブールの大聖堂。アルザス地方はクリスマスの街! アルザス地方のフランスで最も美しい村、ワイン街道をゆく そして遊覧船にのって花で飾られた街並みをのんびり楽しむ、なんてどうでしょう。 アルザスで、なにを食べましょうか?ここは、木組みの家々が美しい街。でもグルメの街でもあるのです。

ストラスブールは、フランス・ドイツの文化が融合したグルメの宝庫。ワインもいける~ ☆彡

ストラスブールにつくと、目に付いたのはパティスリー♥ 店先に並ぶカラフルなマカロン、さっそく食べながら歩こう。フランスで、マカロン頬張りながら散策なんて、楽し~よね!
フランスでマカロンがならんでいると思わず買ってしまう。

フランスでマカロンがならんでいると思わず買ってしまう。

  あとね、私はドイツのパンがほんとに美味しいと思うんだけど、ここストラスブールもドイツの国境、ホテルの朝食のパンが、とっても美味しかった。 シンプルな、パンとハムとチーズ、なんだけど、このパンを食べているとヨーロッパの朝に幸せを感じる。
P1010251

Le Grand Hotelの朝食風景。シンプルでヨーロッパ♥

Choucroute シュークルート、baeckeoffe ベッコフ、Foie Gras フォアグラ、Tarte flambée タルト・フランベ

アルザスの有名なお料理。素朴なお料理が美味しいですね。フランス料理というよりは、ドイツの家庭料理。 さあ、アルザスのお料理を勉強しましょう~! ➀Choucroute シュークルートはキャベツの酢漬け。要するに、ザウワークラウト(独語)です。発酵したキャベツをワインで煮込む。ドイツではソーセージが添えられているけど、その他に豚肉やじゃがいもも添えられている。見た目はちょっとだけドイツよりおしゃれ。(笑) ➁baeckeoffeベッコフは2回くらい、食べたね~。アルザスの手描きの柄の焼き物のキャセロールにはいった、牛・豚・羊の肉と野菜を白ワインで長時間マリネし、塩こしょうでオーブンで煮る。3種類のお肉をじゃがいも、人参。やわらかく煮えてて美味しい、家庭の味って感じ。どっちかっていうと日本人好みだと思う。 ➂Foie Gras フォアグラは、ガチョウの肥大した肝臓をパテにしたもの。高級料理ってイメージがあるけど、アルザスでみると家庭料理って感じがする。 ➃Tarte flambée タルト・フランベは薄くてかる~いピザ。大きくて、木の台にのって出てくる。クリームとチーズで焼いたピザで、ベーコンやオニオン、マッシュルームが乗っている。ワインのおつまみに、または主食にしていただく。ピザソースは使わない。オニオン焼きみたいだけど、美味しいのだ! 写真をクリックしてね ↓ ↓

Sponsored Link

アルザス産のワインはどこでも堪能できる。

美味しかったものは、アルザスワイン。銘柄は日本でも有名なものばかり。本場はほんとうに気軽に手軽な値段で飲み放題!  

Riesling リースリング、Gewurztraminer ゲヴュルットラミネール、Pinot Blanc ピノ・ブラン、Tokay Pinot Gris トカイ・ピノ・グリ、Pinot Noir ピノ・ノワール。

まちのあちこちに試飲のできるバーや、特設会場があって、街歩きの途中にワインを一杯、賞味することができる。 一杯1ユーロくらいから、食事の前に、ほんとに気軽に立ち飲みで、またはそこに設置された簡易なテーブルと椅子に立ち止まって楽しめる。ワイン好きにはたまらない~♥。
P1010314

こういうスタンドバーで、今年できたばかりのワインをいろいろとテイスティングできる。飲み比べていい気分~♫

  アルザス地方のマスコットはコウノトリ。なんでもワイン街道の村にはほんとうにコウノトリがいるんだって。珍しいマスコットだよね。一匹うちにつれて帰ろう~ IMG_3042 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 アルザスのコウノトリ 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 この旅で本物に出会えるかしら。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安田真奈美 より:

    素敵ですね✨✨
    わたしも
    今年は海外旅行デビューします(^。^)

    • Mary Yonezawa より:

      真奈美さん、コメントありがとうございます。是非、出かけてください。そして、今度はご一緒しましょう。